Studio Artist5.0の新機能

ペイントシンセサイザー

  • 現在600を超える編集可能なパラメータ
  • 何千もの新しいキュレートされたプリセット
  • 広範な新しいベクターペイント機能–ナチュラルメディアからワイルドベクターペイント–スタジオアーティスト限定(ギャラリーの例を参照)
  • ベクターペイントとリージョンの構成可能なシャドウオプション
  • インテリジェントモザイク生成機能のための新しいパススタートロージナイザー
  • 新しいキャンバステクスチャ–このWebサイトで例が使用されています
  • 動的ブラシ–インテリジェントなブラシサイズ変調は、アーティストがペイントする方法をエミュレートします。 ブラシサイズは、ソース画像のさまざまな領域に基づいて変化します。
  • 現在のVectorizerプリセットパラメータをPathStartを介してPaintSynthesizerに埋め込み、Synthesizerにペイント方法を指示できます。
  • ベクトル出力を生成するIPOpエフェクトは、パススタートを介してリージョンまたはパスを生成するためにペイントシンセサイザープリセットに埋め込むこともできます。
  • 新しいマクロ編集ヘルプコマンド
  • 画像フォルダブラシ
  • より厳密に定義されたペイント効果のための強化されたインテリジェントペイントブラシモジュレーター。
  • リアルな油絵の具効果を作成するための強化されたペイント照明オプション
  • より強力なブラシロードパラメータ(ブラシに配置されるもの)とペイント塗りつぶし機能(キャンバスがブラシとどのように相互作用するか)
  • 空間充填曲線、巡回セールスマン、ヘドカット、落書き、ラインスクリーンなどの新しいスケッチ効果がたくさんあります。
  • 改善されたマルチペンおよびインタラクティブ領域描画機能

ベクトライザー

  • 800以上の新しいキュレートされたプリセット
  • 広範な新しいシャドウ描画機能–驚くべき絵画効果へのシンプルなシャドウイング
  • 新しいボロノイセルとドロネー三角形分割領域生成オプション–画像を自動的に形状に領域化します
  • 新しい領域塗りつぶしオプション–グラデーション、パターン、形状、ハッチング、ハーフトーンスクリーニング、ラインスクリーニング、押し出し、カラーリングなど
  • 新しいベクターエッジスケッチオプション–シャドウイングやペイントエフェクトを含む多くの新しいスケッチパラメータ
  • 新しい画像形状技術は、形状を使用して画像をレンダリングします–多くの新しい形状と画像内でそれらを整理する方法

一般的な追加

  • 800以上の厳選されたペイントアクションシーケンス
  • プリセット検索、ヘルプのヒント、タグ。 検索でお気に入りのプリセットをはるかに簡単に見つけることができます。 名前、ヘルプヒントのキーワード、またはカテゴリ(水彩)で検索
  • PASeqアクションプロセスおよびアクションアニメーションおよびムービーストリーム出力用のEPSまたはSVFファイル出力
  • 新しいベジェアニメーション機能–基礎となるベジェ曲線を使用してXNUMXつの絵画を別の絵画に変換します
  • 新しいベジェ描画および編集機能
  • ペイントシンセサイザー、ベクトライザー、および画像操作での顔、口目、関心点の検出設定
  • 新しいセルフタイリングキルトタイリングパターン–クアッドブロック、ナインブロック、ダイアモンドフィギュアなど–ペイントシンセサイザー、ベクトライザー、MSGで利用可能
  • Macでの追加の64ビットアプリケーションビルド
  • サイズ変更可能なSVGからラスターキャンバスへのインポート
  • 可変サイズのカラーパレット–カラーパレットに必要な色の数を選択します。

画像効果

  • 何千もの新しいキュレートされたプリセット
  • たくさんの新しいスケッチ効果パラメータ。 ハッチング、エッジ、ラインスクリーン、ペン、鉛筆、シェイプフィル、ペインター、アブストラクトなど。
  • 多くの画像効果がベクトル出力をサポートするようになりました
  • ベクターイメージエフェクトを使用して、ペイントシンセサイザーまたはパス>パスレイヤーコマンドで使用できるベジェパスを生成できます。これは、ベジェパスの自動操作に基づいてさまざまな描画スタイルを作成する方法です。
  • 既存および新規の画像操作効果のための何百もの新しい編集可能なパラメータ
  • 新しいマルチオクターブグラデーションエフェクト–スタジオアーティスト限定–オイルとレイズドエフェクトの強化に最適
  • 新しい流域ローガナイザー効果タイプ
  • 新しいラインスクリーンエフェクトタイプ

MSG-モジュラー合成グラフィックス

  • 現在、自動画像を作成するための640を超えるさまざまなMSGプロセッサ
  • 新しいシャドウイングパラメータ
  • MSCベクトル効果をEPSまたはSVGとして出力できるようになりました
  • AdvancedEditorおよびEvolutionEditorのその他のワークスペース構成オプション

ギャラリーショー-自動画像とプリセットメーカー

  • アダプティブオートマスキングオプション
  • 手続き型MSGまたはVectorizerソースオプション
  • 調整可能なペイントミューテーションコントロール
  • 調整可能なペイントパスオプション
  • 調整可能なアダプティブカラーパレット生成オプション
  • より複雑な開始-終了サイクル変換のためのユーザー選択可能なプロセスフォルダー
  • 動画ファイルではなく複数の画像から派生した時間効果の画像フォルダ入力オプション
  • ランダム化効果複合オプション

一時的な操作

  • 新しいスリットスキャンおよびスキャントラッカーエフェクト–スリットスキャンの時間エフェクトを使用して、シーンからモーションを拡大、縮小、抽出、または削除したり、すばらしい視覚効果を作成したりできます。
  •  ギャラリーショーで、画像のフォルダからの一時的な操作効果の生成がサポートされるようになりました